市販の歯磨き粉には虫歯予防成分が配合されていると言いますが、どんな成分が配合されているか知っていますか?

 

「虫歯予防」や「歯肉炎」「歯槽膿漏」などを予防する!というタイプもあれば、子供用から大人用まで多いのが「フッ素配合」の歯磨き粉ですよね。

 

ペーストやジェルタイプなどありますが、実際に購入する時にはそれぞれ選ぶポイントが違いますよね。

 

・書いてあることをみて
・CMをみて
・味
・価格
・効果

‥など。

 

また、最近では歯磨き粉を使わないと言う人もいますが、歯磨き粉を使わないと虫歯予防ができない!と言う人も。

 

では、どうして歯磨きを使うのか、そして歯磨き粉にはどんな虫歯予防成分や効果があるのでしょうか。

 

そもそも市販の歯磨き粉にはどんな効果があるの?

市販の歯磨き粉の効果
歯磨き粉は「医薬部外品」「化粧品」がありますが、いろいろな効果を期待するのなら、薬用成分が配合されている医薬部外品を選ぶようにしましょう。

 

おもな効果としては
・虫歯予防
・歯周病予防
・歯肉炎予防
・口臭予防
・歯垢の分解
・歯石の沈着を防ぐ
・知覚過敏を抑える
・タバコのヤニ除去

 

入っている成分によって、これらの効果が変わります。

 

子供用の歯磨き粉の場合、必要になるのが虫歯予防成分ですが、効果面だけではなく研磨剤や発泡剤などの不要な成分が入っていないかも確認しなくてはいけません。

 

<市販の歯磨き粉の虫歯予防成分>

一般的な市販の歯磨き粉の虫歯予防は「フッ素」
・フッ化ナトリウム
・モノフルオロリン酸ナトリウム

など。

 

おもな働きとして、酸で歯が溶ける脱灰を抑制して再石灰化をサポートしますが、歯医者で塗布するものよりも濃度は低くなります。

 

また使用方法に「ゆすぐ」と書いてあるものは飲みこまずにきちんとゆすがなくてはいけないので、小さなお子さんには不向きです。

 

また、虫歯予防には濃度が950ppm以上のフッ素の歯磨き粉を選びましょう。

フッ素の他にも、リン酸カルシウム、TCP-APP(リカルデント)、マグネシウムなどのミネラル成分も再石灰化をサポートしてますが、どちらも虫歯予防というよりも歯を強くするためや再石灰化のために必要な成分なのです。

 

<虫歯予防成分のBLIS M18は?>

虫歯予防成分のBLIS M18

 

虫歯菌や歯垢を除去してくれる虫歯予防成分「BLIS M18」は?というと、ブリアンしか使用されていません。

 

日本で初めてなだけでなく、世界で初めてのブリス菌が配合された歯磨き粉なので、虫歯を直接的に予防したい!というのであれば、市販の歯磨き粉では難しいということがわかりますよね。

弱い菌でフッ素などと併用もできないし、大量生産ができないので今のところブリアンの公式サイトでしか購入ができません。

 

 

しかし、虫歯菌に感染しても虫歯菌除去ができるし、虫歯菌が隠れる場所になるプラークも除去できるので、虫歯予防成分としては高い効果が期待できます。

 

→ブリアン歯磨き粉の成分効果について

 

まとめ

 

市販の歯磨き粉にはいろいろな成分・効果がありますが、自分が使うものにはどんな成分が入っていて、どんな効果があるのかを知っている人って意外に少ないです。

しかも、使い方さえも知らないので、ゆすがなくてはいけないのにゆすいでいなかったり、子供に使うのは危険だとしても使ってしまっている人もいないとは言えません。

 

歯磨き粉の使い方・選び方を間違えてしまうと、虫歯になりやすい環境を作ってしまうので要注意!

 

子供を虫歯にしないためには、虫歯予防成分を確認して「BLIS M18」のように虫歯菌に対して効果的なものやブリアンのように安心して使える成分の物を選ぶようにしてください。

 

安くても虫歯になったり、体に悪影響なものは排除していくのも親の役目です。

 

⇒虫歯予防対策でブリアンを体験!