最近人気のブリアンはたくさんある歯磨き粉の中でもダントツの人気です。

子供用歯磨き粉はたくさんありますが、選ばれるのにはそれなりの理由があります。

 

まず、お子さんに使う歯磨き粉の場合は「使う理由」というのがありますよね。
多くのお母さんは以下のような効果を期待して歯磨き粉を探しているのではないでしょうか。

 

・味をつけて歯磨きを嫌がらないようにする
・フッ素効果を期待する
・色素(着色)汚れを防ぐ

 

そこでよくある歯磨き粉が”発泡剤や研磨剤”を含むもの。ですが、
発泡剤や研磨剤はうがいができるようになるまではNGですし、これらの成分は虫歯予防にはハッキリ言って関係ありません!

 

色素汚れを取るのには研磨剤は効果的ですが、使い過ぎると歯を削ってしまう作用もあります。
発泡剤は泡立ちを良くするものですが、小さい子は発泡剤のせいで飲みこんでしまったり、磨いた気になったり見えないせいで汚れが落ちなくて虫歯を増やしてしまうこともあります。

 

また、「フッ素」は虫歯予防しかしてくれません。
しかし、ブリアンは違います!

「BLIS M18」が虫歯菌を除去する効果があるので、虫歯菌を口の中からなくしてくれるのです。

この虫歯菌除去の効果は他の歯磨き粉にはない効果で、これが、ブリアンが歯磨き粉の中で選ばれる理由と言えます。

 

虫歯菌は同じスプーンを使わないなど、気を付けていれば大丈夫!と思うかもしれませんが、実は熱いものをふーふーしたり、くしゃみやせきなどでもうつる可能性があるのです。

 

そう考えれば、虫歯菌を除去してくれるブリアン歯磨き粉の効果は虫歯を作らないための強い味方!と言えますよね。

 

>>子どもと同じ箸を使うと本当に虫歯になるの?

 

ブリアンは他の歯磨き粉とココが違う!

ブリアンは虫歯菌を除去する歯磨き粉なので、その効果だけでも他とは違いますが、実はそれ以外にも、普通は入っているのに?というものが含まれていません。

1.フッ素

これまで子供用だけでなく、歯磨き粉は大人用でも「フッ素配合」のものが多いですが、ブリアンにはフッ素が配合されていません。

 

2.界面活性剤

泡立ち成分のラウリル硫酸Na(ナトリウム)は発泡剤として使われていることが多く、シャンプーなどでも使われていますよね。最近では、この成分がよくないと購入前に確認して入っていない物を購入する人も増えていて、海外では禁止している国もあります。

口内炎ができやすい人は、この成分が含まれていない歯磨き粉を選びましょう。

 

3.その他

歯が生え始めた赤ちゃんから使えるので、そのほかにも研磨剤や保存料など不要なものは一切不使用です。

ブリアンの成分

そして成分のほかに
・すすがなくても良い
・粉状

などの特徴があります。

まとめ

子供の歯磨き粉の中でブリアンが選ばれる理由のひとつは『効果』

「BLIS M18」が虫歯菌を除去してくれる歯磨き粉は世界初で、口の中に入ってしまった虫歯菌も除去することができる新しいタイプの虫歯予防になります。

 

「BLIS M18」は虫歯にならない子たちの口の中にいる菌なので安心ですが、その他にも安全性を配慮した成分になっているので、毎日安心して使うことができます。

 

歯磨き粉選びで迷った時に「虫歯にさせたくない!」と言うのであれば、予防だけでなく虫歯菌の除去ができるブリアンは断然オススメです。
⇒気になるブリアンの体験談はこちらから