子供の歯磨き粉でオーガニックを選ぶ人が増えています。

安全性を考えれば成分が優しいオーガニックの歯磨き粉を選んだ方が良いのですが、たくさんの商品があり、何でもかんでも「オーガニック」と名前を付けて販売しているものも多いので注意が必要です。

 

実はオーガニック=有機(栽培)という意味があり、農産物はJAS認定されたら「有機」と表示して販売ができます。

ではJAS認定されなければ「有機」と表示して販売することができないので、オーガニックとは言えないの?というとそういうわけではなく、JAS認定に関係なく「有機栽培」「無農薬」「オーガニック」と書くことができるのです。

 

日本はオーガニックに関する法的な基準はないので、それぞれが独自の基準で決めています。

 

例えば・・・
最近人気のオーガニックコスメは、オーガニック成分が1種類でも入っていれば「オーガニックコスメ」なのです。

 

つまり、化学物質がたくさん入っていたとしても、たった1種類のオーガニック成分だけで堂々と「オーガニック」と名乗ることができてしまうので、買う時には必ず成分を確認するようにしましょう。

 

「これ、すごく安くない?」と思ったら、名ばかりのモノを購入してしまうことも。

パラペンフリーやアルコールフリーなど『○○フリー』な言葉だけを見ていると、他の添加物を見落としてしまったり、植物由来というだけで自然・天然と考えてしまうと、一般的な市販の歯磨き粉と変わらないものを選ぶんでしまうことがあるので気をつけなくてはいけません。

 

せっかく安全性を考えて子供の歯磨き粉をオーガニックにしたいなら、まずは成分を知ることが大切です。

 

国によって違う「オーガニック」の基準

オーガニックの基準

 

日本製=良いと思っている人も多いとは思いますが、先ほど「日本は~」とお話ししたように日本ではまだまだオーガニックの基準が低いです。

 

海外では厳しい基準がいくつかあり、それをクリアしないと「オーガニック」と認定されないことも。

しかし、日本では先ほども言ったようにはっきりとした法的基準がまだないので、きちんと成分や内容を確認しないと、子供の歯磨き粉をオーガニックに変えたつもりがいつもとあまり変わらないなんてことが起きてしまうのです。

 

日本でもJAS法で、登録認定機関の検査・認定を受けて有機JASマークをつけることを義務として、そのマークがついているものだけがオーガニックなのですが、この検査・認定が行われているのは有機農産物と有機農産物加工食品だけ。

 

オーガニックコットンと書いてある洋服やオーガニックコスメ、歯磨き粉も検査・認定が強制ではないのです。

 

オーガニックだと思わぬ効果が得られないことも

自然のチカラというのは体に優しいのに、きちんとした効果を得ることができます。

今注目されている虫歯除去成分のBLIS M18、ブリス菌だってもともと虫歯にならない人の口の中にいた菌なので化学で作られたものではありません。

 

また汚れをしっかり取ってくれたり、洗浄力が良かったり、優しくても効果はきちんとあります。

それだけでなく、味オンチ・味覚障害の原因になる合成界面活性剤も含まれていないので、小さな時から使うことで味覚への悪い影響もないので安心です。

 

ただひとついうなら、直接的な虫歯ケアの効果はないと言うこと。

毎日歯を磨く習慣は大切なことですし、一番の虫歯予防になりますが、ブリアン歯磨き粉のような虫歯菌除去などの効果はありません。

 

⇒市販の歯磨き粉の虫歯予防成分とは?

まとめ

子供の歯磨き粉はオーガニックのものを、とこだわるなら、日本製・国産にこだわるのではなく、成分の安全性を一番に考えることが大切です。

 

またオーガニックと書いていなくても、化学物質や余計な成分は一切使用していない全性の高いブリアンなどの歯磨き粉もあるので、「オーガニック」だけの縛りで選ばない方がいいということ。

ついつい商品に書いてあることを見て、良いかどうかを判断してしまいがちですが、それはNG!

 

正しい知識と理解で、子供に安心できるものを選んでいきましょう。

 

⇒シンプル&安心成分のブリアン歯磨き粉を使ってみた