ブリアン歯磨き粉は虫歯予防成分「BLIS M18」が注目されています。

 

今までにない世界初の歯磨き粉!ということと、虫歯菌や歯垢を除去してくれるため、虫歯菌に感染してしまっても、口内環境を整えて虫歯になりにくくしてくれます。

 

虫歯予防はこれまでにたくさんありましたが「予防」ではなく「歯を強くする効果」で、しかもフッ素の場合は塗布条件もあるし、フッ素やシーラントをしても子供が虫歯になってしまったというママの意見も多いです。

 

しかも虫歯になってしまった話を聞いてみると
・歯磨き嫌いだから大泣きしても必死に歯磨きをしているのに
・小さな時から虫歯にならないように徹底してきたのに

など、虫歯にならないように頑張っていた人の方も虫歯になっているのがわかります。

 

では、なぜ虫歯になってしまうのか。

これは「虫歯予防成分」というのに誤解があるかもしれません。

 

虫歯予防成分にどういう「虫歯予防」効果があるのか

 

虫歯予防成分というと、どういうイメージがありますか?

・歯を強くしてくれる
・歯をカバーしてくれる
・虫歯菌を除去してくれる
・虫歯になる原因(菌など)の増殖を抑えてくれる

 

これらの効果があるものすべて「虫歯予防成分」「虫歯予防効果がある」と言われています。

 

例えば、フッ素は歯を強くしてくれるし、シーラントは歯をカバーしてくれますよね?

 

でも、虫歯菌や歯垢を除去したり、増殖を抑制してくれる働きはありません!

 

なので、どんなものを求めるかは虫歯予防成分によって違い、ミュータンス菌や歯垢を抑制するのにはキシリトールや緑茶が効果的ですが、抑制はできても除去は難しいです。

 

では除去できるものは?というとブリアンの「BLIS M18」です。

 

>>ブリアンの詳細は公式サイトへ

 

虫歯予防成分でも「BLIS M18」は虫歯菌を除去!

虫歯予防成分とBLIS M18

 

虫歯菌や歯垢は歯磨きをすることで減らすことはできますが、一度虫歯菌に感染してしまうとなくすのは難しいです。

また歯垢は虫歯菌の住処になるので、できるだけなくさなくてはいけませんが、小さなお子さんは自分で磨けないし、仕上げ磨きを嫌がってしまう子もいて大変ですよね。

 

そこで、自分で粉をつけながら使うことができるのがブリアンなのですが、虫歯予防成分でも「BLIS M18」は虫歯菌や歯垢を除去してくれるので、毎日口内環境を良くしていくことができます。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが良くなれば、虫歯菌がなくならなくても落ち着いて悪さをしなくなるのです。
そのため、ブリアンで歯垢や虫歯菌を除去しながらキシリトールや緑茶で抑制していけば、さらに虫歯になりにくい環境を作ることができます。

 

歯が生え始めた赤ちゃんでもガーゼにつけて使うことができるので、虫歯菌に感染しはじめる早い段階から強い味方にしていきましょう!

 

→「BLIS M18」についてもっと詳しく!

 

まとめ

虫歯予防成分の働きを考えれば、断然「BLIS M18」が期待できますよね。

 

 

フッ素塗布やシーラントでは、残念ながら除去や抑制ができません。

そればかりか、シーラントの場合は外れたのに気付かないと虫歯になるリスクが高くなるし、フッ素塗布も効果がなかったり、ゆすげないような小さな子には塗布ができないなどのデメリットがあります。

 

 

副作用や成分に不安のある歯磨き粉を使っても、虫歯予防ができるとはいってもブリアンのように虫歯菌除去はできません。

 

そう考えれば、「BLIS M18」以外に虫歯予防成分はあっても内容がそれぞれ違うので、お子さんに合った安心で正しい方法を選びましょう!

 

⇒実際にブリアンを使ってみた体験談はこちら