子供が歯磨きをして虫歯になる理由として「磨き方」があります。

大人でもきちんと磨いているつもりが虫歯になってしまうのは、虫歯になる原因があるからです。

 

お子さんに対して歯を磨く時にどういう説明をしていますか?

 

・一緒に磨きながら教える
・「食後は歯磨きの時間」と声をかける
・「虫歯になったら歯医者にいく」「痛い」「歯がなくなる」とデメリットを言う
・音楽をかけたり、リズムにあわせて磨く

‥など、いろいろな方法があると思いますが、虫歯になりやすい子供は歯磨きを見直しましょう。

 

小さなうちは説明をしてもわからないので、大人が磨いてあげることが多いですが、大人の真似をするようになったり、理解ができるようになったら、少しずつ正しい歯磨きを教えてあげることが大切です。

 

ただ「歯磨きしていれば良い」わけではなく「虫歯予防のための歯磨き」ができるようにしていくことで変わっていきます。

 

怒るだけでムリヤリ歯磨きをしたり、歯医者を怖いものとイメージづけてしまうと、後々定期健診でも歯医者へ連れて行くのが大変になってしまうので要注意!

 

では、正しい歯磨きってどんな方法があるのでしょうか。

 

歯磨きの基本は3タイプ

正しい歯磨き

 

歯ブラシの使い方って知っていますか?

 

大人でも歯を磨いた後に鏡を見ると、歯垢が残っているのに気づくことがありますよね。

また、正しい歯磨き方法だと思っていてもうまく磨けていないのは、それぞれ歯並びが違うからで、曲がって生えていたりする場合には、自分の歯に合わせた磨き方をしなくてはいけません。
まず基本的な歯ブラシの動かし方としては3つ。

 

1.横
最近の正しい磨き方の基本は「横」
歯ブラシを横にして1本ずつ丁寧に磨いていくことで、歯と歯の間や歯と歯茎の間の汚れを取り除いていきます。
力を入れずに、細かく動かしていくのがポイントです。

 

2.縦
歯ブラシを縦にして歯の裏側の歯と歯の間の汚れを掻きだすように取り除いていきます。
歯が曲がっていたり、歯と歯の間の歯垢が溜まりやすいところの汚れをとるのには効果的です。

 

3.その他
奥歯など溝が深い部分はしっかり溝の部分を磨いていきましょう。
磨けているつもりでも、一番奥の歯の奥部分が磨けていなくて汚れが残ってしまうことがあります。

 

奥歯を磨く時の注意点として、大きな口を開けると苦しいだけで奥まで届きにくいので、小さめに開けて皮膚が張らない状態にして磨きましょう。

 

子供の歯磨きを一緒に見直そう

子供に歯磨きを教える時は、当て方や力加減を言われても難しいので、一緒に歯磨きをしながら歯ブラシの動かし方や使い方を教えていきましょう。

 

また、下の歯の奥から順番に教えていく方が覚えやすいです。

 

嫌がる仕上げ磨きを一生懸命しても上手に磨けないことがあるので、自分で歯磨きができるようになったら磨き方を教えることで、仕上げ磨きを卒業した後も正しい歯磨き習慣が身に付きます。

 

小さなうちは仕上げ磨きが必要になりますが、ママもきちんと3種類の動かし方の使い分けをしてください。

強くすると痛いので、力を入れるよりも細かく動かして汚れを取り除いていきましょう。

 

歯ブラシの他にもデンタルフロスや歯間ブラシを使うことで、無理なく間の汚れを取り除くことができます。

 

まとめ

虫歯にならないように必死に頑張っているのに・・・と悩んでいるなら、まずは子供の歯磨きを見直しましょう。

 

虫歯予防で一番重要なのは「歯磨き」です。

歯磨き粉を使っている場合は、一度歯磨き粉をやめて汚れが残ってないか確認してみてください。

 

また、子供が歯磨き粉なしでは歯磨きをしてくれない場合には、発泡剤など余計なものが入っていないブリアン歯磨き粉をオススメします。

 

⇒歯磨き嫌いな娘の歯磨き体験談