子供の虫歯はC1~C4まであります。

 

Cというのは「caries(虫歯)」のこと。

つまり1~4というのは虫歯の段階で、数字が大きくなるほどひどくなっていきます。

 

では、この4つの段階を簡単に説明します。

 

■C1
初期虫歯~進行した虫歯の状態でほとんど痛みはありません。
初期なので、治療も簡単に終わります。
見た目は茶色や黒く変色したり、ちいさな穴が開いている状態で、穴によってはしみたり痛みを感じることがあります。

■C2
C1よりも少し進み、エナメル質の下の象牙質まで達するとC2になります。
冷たいものや熱いもの、甘いものもしみるようになるので、食事や飲み物を飲んでいる時に話せないお子さんでも異変に気づくことがあります。

 

削ったり、被せたり、つめたりなどの治療が必要になりますが、まだ重症ではないのでこの段階で遅くても気付きたいです。
象牙質になると、虫歯の進行がスピードアップしますので、できるだけ早く歯医者に行きましょう。

■C3
歯髄(歯の神経)まで進行した虫歯になります。
痛みも強くなり、神経を取らなくてはいけなくなるので治療にも時間がかかります。
また通院回数が増えるだけでなく、費用もかかりますし、治療時に痛みもあるので子供には苦痛です。
歯も弱くなってしまうので、ここまでなるまで放置するのはよくありません。

■C4
重症な虫歯で、歯の根元が残っているだけになります。
こうなると、神経も死んでしまうので痛みを感じることはありませんが、歯が弱っているので抜歯をすることになります。
また被せる方法もありますが、強度がないと歯が割れてしまいますし、乳歯の場合は抜歯になるとは思いますが、治療法や症状によっては抜かなくても良いことがあるので、経験豊富な歯医者に行くようにして下さい。

虫歯になる手前?C0とは

子供に限らず虫歯はC1~C4の4段階に分かれますが、もうひとつ「C0」という段階もあります。

このC0はエナメル質が白くなって虫歯になりかけや本当にごく初期虫歯の状態です。

 

フッ素塗布や正しい歯磨きで再石灰化を心がければ、治療をしなくても治すことができますが、乳歯の虫歯の進行は早いので、定期健診でこれ以上悪くならないように確認をしていく必要があります。

 

乳歯はどうしても虫歯を見つけるのが難しく、毎日仕上げ磨きをしていたとしても気づかないことがあるので、予防歯科として定期健診を習慣にすることが大切なのです。

 

また虫歯菌感染を避けるのは難しいので、ブリアン歯磨きのように虫歯菌除去や歯垢除去成分配合のものを使うことで、初期虫歯ケアができます。

 

まとめ

小さな頃に学校の歯科検診で虫歯があったら・・・と不安になった経験がある人もいるとは思いますが、今も子供に虫歯が多いと不安になるものです。

 

そのため、きちんと子供の虫歯「C1~C4」の段階を知り、検査結果がC1だとしても早めに歯医者にいくようにしましょう。

 

早めの虫歯治療は子供もにもメリットがあり、歯医者=怖いというイメージを回避することができます。

虫歯を放置していても治らないし、乳歯は他の歯だけでなく永久歯へも影響があるので、小さな赤ちゃんでも異変を感じたら、まずは相談するようにしてくださいね。

 

→1歳未満の子の虫歯の治療はどうなるの?
 
→1歳8ヶ月の娘が虫歯にならなくなった体験談へ