子供の虫歯の状態によっては、抜かなければいけないことがあります。

 

大人(永久歯)の場合は抜歯をするかどうかにもよりますが、それぞれの歯の状態に合わせて入れ歯や差し歯にします。

 

では、乳歯は?というと、永久歯とは違って抜けてしまったらおしまいというわけではありません。

そのため、抜歯が必要だったり、乳歯が抜けてしまった場合には永久歯が生えてくることを考えて「差し歯」は使わずに、歯の状態に合わせた対応をすることになります。

 

一般的に抜歯してしまった場合には「保隙(ほげき)装置」を使うことがありますが、歯の状態によって他にもどんな処置&治療法があるのでしょうか。

 

子供の歯の状態で変わる処置法

まず、子供は虫歯以外にもケガなどで「歯をどうするか」という判断に迫られることがあります。

ただ、この判断をするのは親ではなく歯医者さんです。

 

「不注意で乳歯がグラグラになってしまったけど、抜けてしまっても永久歯が生えてくるから大丈夫!」なんて考え方は絶対にNGです。

 

例えば、折れてしまった乳歯の場合

根や神経がどうなっているか、骨はどうなのかなど、細かいところから判断が変わってきます。

 

虫歯も同じように、抜くのか治療をするのかが変わってきます。

ある程度の処置をして歯を残すことになれば、元の歯の形を作ったり被せたりしますが、抜くとなれば年齢によってそのままにするのか保隙装置を入れるのか、永久歯の歯並びがわるくならないような対処が必要になるのです。
子供の虫歯が抜歯しなければいけないほど進行するというのは、かなりひどい状態です。

しかし、虫歯になってしまった乳歯をほかっておいたとしても、永久歯に悪影響になるだけなので処置できないと判断された場合には治療ではなく抜歯という選択をすることになります。

 

そして、乳歯がなくなってからどのくらいで永久歯が生えてくるかを考え、保隙装置が必要かどうかが判断されます。

「どうせ永久歯が生えてくるのだから」と勝手に親が判断するのは絶対にNG!

 

歯医者に指示された通り、検診や治療に通うようにしましょう。

 

⇒赤ちゃんの虫歯、1歳未満でも治療はできるのか?

 

保隙装置ってどんなもの?
保隙装置は、乳歯が抜けてしまってから永久歯が生えるまでのサポートをするものです。

歯が抜けて隙間ができると歯が動いてしまい、歯並びがわるくなったり、永久歯が生えるスペースがなくなります。そのため、保隙装置を使って隙間を作ることで永久歯が正しく生えるようになり、きちんと生えてきたら装置を外します。

 

歯医者で定期的に健診をしてくれるので、虫歯や他の歯並びについても相談することができて、これ以上虫歯を作りたくないと言う人にも安心です。

 

 

まとめ

子供が虫歯になって抜歯をしても、永久歯でない場合には差し歯にはしません。

しかし、歯が抜けて放置というわけではなく保隙装置で永久歯がきちんと生えてくるサポートをすることになるので、歯がグラついたり、欠けた・抜けたと言う時にも歯医者に行くようにしてください。

 

また歯が抜けた後、永久歯が生えてくるまでがとても大切!

歯並びやあごの成長などは、歯だけでなく子供の場合は成長も左右されてしまいます。

 

小さな時に虫歯以外でも歯が抜けてしまったのであれば、「様子を見てください」と言われることもありますが、ずっと放置するわけではなく、歯医者に言われた通り定期検診などに通うようにしましょう。

 

また、虫歯は一度なると虫歯菌を除去するのが難しいです。

そのため、ブリアン歯磨き粉などでしっかり口内環境を良くして、虫歯にならない環境づくりを心がけてください。

 

⇒ブリアンを使った体験はコチラ