歯ブラシと歯磨き粉というのは赤ちゃんや子供が歯磨きを好きになるかどうか「大切なアイテム」になります。

 

『好きなキャラクターや味の歯ブラシや歯磨き粉をきちんと選んでいるのに好きになってくれない』

 

そう言う場合には
・歯磨き粉や歯ブラシがあっていない
・歯磨きが強かったり、動いてしまって痛い

 

この2つが考えられます。

 

歯磨き方法が悪い場合は磨き残しから虫歯になる可能性もありますが、強く磨いていないのに痛がって暴れてしまう場合には、歯ブラシや歯磨き粉に問題がある可能性が高いです。

 

そこで今回は、歯ブラシと歯磨き粉の選び方をお話しします。

 

子供が痛がらない魔法の歯ブラシ?

子供の歯ブラシ

 

大人の歯ブラシでもそうですが、同じ「ふつう」を選んでも硬さが違ったり、毛先の形やカットが違いますよね?

赤ちゃんや子供の歯ブラシも同じで、触ってみると痛いと感じたり、毛先が歯ぐきに当たって敏感に子どもが刺激を感じて「痛い」と思い込んで嫌がってしまうことがあるのです。

 

小さなお子さんにオススメな歯ブラシは
・毛が柔らかい
・毛先が細くて触っても痛くない
・カットはフラットになっている
・年齢、月齢に合ったもの

 

仕上げ磨き用と自分で磨く用の2種類があるので、お子さんが磨く時は必ず柄の短いものにして、2種類用意してください。

 

また、きちんと磨ける年齢になるまではかじったりして、すぐダメにしてしまいますが、まずは口の中に入れて慣れることが大切なので、怒らず様子を見ながら、ゴシゴシしたら褒めてあげるようにしましょう。

 

→赤ちゃんの歯磨きについて気をつけたいこと

 

歯磨き好きになるかどうかは歯磨き粉が重要!

子供の歯磨き粉

 

例えば、ブリアン歯磨き粉を使って歯磨きが好きになったと言う場合。

 

以前ほど仕上げ磨きに必死にならなくなったのでストレスを感じなくなり、怒ることも減ったと言う口コミがありますが、前はそれだけ嫌がるたびにイライラして怒っていたと言うことです。

 

それでは、歯磨き・・・嫌いになっちゃいますよね。

 

 

子供が歯磨き嫌いになるのは
・親が力を入れてゴシゴシする
・歯と歯の間などを一生懸命やりすぎて痛い
・奥歯を親が磨こうとして苦しい
・歯磨き粉が泡立って苦しい

‥など。

 

 

子供なりにガマンしていることもあるのです。

 

中には大人用の歯磨き粉を使いたがるからちょっとだけ付けてあげるなんて人もいますが、絶対にNG!

 

いますぐやめてください!!

 

何気なく使っている歯磨き粉ですが、ゆすぐことが必須になっているものはゆすげない子には使わない方がいいです。

 

また、大人は歯磨きをしながら適度に吐き出すことができますが、仕上げ磨きで上向きになっている場合には苦しいので、子供だって嫌がって当然なのです。

 

ブリアン歯磨き粉で子供が歯磨き好きになるというのは、発泡剤などが含まれていないし、粉なのでちょっとずつつけながら磨いていくので苦しくないというのが理由のひとつです。

 

この他にも、虫歯菌除去や歯垢除去成分が使用されていて、口の中の口内環境を良くしてくれます。

歯垢を取り除くのは歯ブラシでゴシゴシするのが効果的ですが、歯と歯の間や奥歯など磨きにくいところまで「BLIS M18」が行き届いてくれるので、親も安心できるのです。

 

→ブリアン歯磨き粉はココが違うんです

 

 

まとめ

お子さんが歯磨きがどうしても好きになれないというのなら、歯ブラシと歯磨き粉を変えてみませんか?

 

少しお話ができる年齢であれば、どうして嫌なのかを聞いてみるのも良いし、1歳半からの定期健診デビューで歯科医に相談してみるのも良いでしょう。

 

大人と同じ。

子供だって好みがあります。

 

怒る前にきちんと理由を聞いてあげることと、合った物を選んであげることでは歯磨き嫌いを解消していきましょう。

 

→歯磨き嫌いを克服した体験談へ