ブリアンを使うことで「歯磨き好きになった!」というお子さんが多いですが、実はこれが虫歯予防にプラスになっているって知っていますか?

 

虫歯予防にはいろいろな方法がありますが、やはり一番は歯磨き!

 

フッ素塗布や歯科医に行ってする予防方法もありますが、毎日の習慣は大切で、全部の歯に関して虫歯対策をしようと思うのなら歯磨きが重要になります。

 

またどんなにいろいろ頑張ったとしても、口の中の汚れを落とすことができないと虫歯菌のエサが増えて、どんどん虫歯になりやすい環境になってしまうのです。
でも、歯磨きをしていても虫歯になるんだけど・・・と言う人もいますよね?

 

お子さんに一生懸命歯磨きをしているのに虫歯になると言う場合には、「歯磨きが悪い」場合と「その他が悪い」場合があります。

 

歯磨きが悪い場合

歯磨きと虫歯

 

歯磨きをしているからといって100%虫歯にならないというわけではありません。

 

しっかり歯磨きをしているのに虫歯になると言う場合には、磨き方が悪いことが考えられます。

 

初期虫歯は歯磨きで治ると言われていますが、これが悪化してしまう理由として、歯磨き方法の悪さが考えられるのです。

 

→虫歯の段階について詳しくはこちら

 

1~2本ずつ小刻みに磨いていき、歯と歯の間や歯と歯茎の間もブラシを入れて磨きますが、子供はここまですると絶対に嫌がりますよね。

 

そのため、仕上げ磨きがきちんとできなくて虫歯になってしまうこともあるのです。

 
また、仕上げ磨きができたとしても大人がきちんと磨いてあげなければ同じことで、磨きにくい部分が結局虫歯になってしまいます。
check

そうならないために、ブリアンのように奥までしっかり虫歯除去成分が届く歯磨き粉を使ったり、プラークを取り除くことができるデンタルフロスなどを活用しましょう。

 

→虫歯菌を除去してくれるブリアンはこちら

その他が悪い場合

 

虫歯の原因

 

歯磨き以外にも下記のことがあります。

  • 食事やオヤツなどの食生活
  • 虫歯菌が多い
  • 唾液が少ない
  • 歯が弱い

 

どれもがきちんと改善することができるので、日頃から気を付ける必要があります。

 

特にお子さんはこれから乳歯から永久歯に生え変わっていくので、唾液の量を増やしたり、歯を強くしていくと将来的に虫歯に悩まなくなります。

 

歯科医で検査をしてくれるので、気になることがある人は一度相談してみると良いでしょう。

※検査は、唾液検査・細菌検査・虫歯菌検査などがあります。
ただし、気を付けてほしいのは虫歯菌は感染するので、いくら子どもへ神経質になっても親や周りの大人やお友達から感染してしまうのです。

 

そのため、感染は防ぐことは難しいというよりも無理!

 

だからこそ、日々の習慣で虫歯になるかどうかが変わるのです。

 

まとめ

歯磨きで虫歯予防をしていても、虫歯が出来てしまった時は落ち込みますよね。

 

でも、今している歯磨きが間違っていたり虫歯になりやすい状態なら、まずは正しい歯磨きと虫歯になりにくい口内環境を作ることが大切です。

 

また小さなお子さんがいたり、妊娠中の場合は親が検査をすることで、虫歯菌を感染するリスクを下げることができます。

 

虫歯になりやすい親御さんも一緒に虫歯菌対策をしましょう!

→ブリアンを使った体験談はこちら