子供にフッ素を使うことに不安を感じている方がとても多いですよね。

 

最近では、フッ素に対する危険性がどんどん話題になっていますが、いまだに歯医者ではフッ素塗布もするし、子供用・大人用関係なく歯磨き粉には含まれています。

 

しかし、ホームケアできるものとしてフッ素濃度が高いものもあれば、フッ素が使用されていないものも。

今人気の虫歯菌除去成分配合のブリアンは、フッ素どころか心配される成分が使用されていないので、赤ちゃんでも安心して使うことができます。

 

多くの人がブリアン歯磨き粉を選ぶ理由のひとつがやはり「安全性」

 

そう考えれば、フッ素に対して不安なら使わなければ良いのです。

→ブリアン歯磨き粉の成分について

 

そもそもフッ素って本当に必要ですか?

 

安心・安全などを抜きにして、まずはココ。

 

フッ素って本当に必要だと思いますか?

 

もしもYESであれば、当然使うことを考えれば良いのですが、NOなら無理して使うことはありません。

 

毎日使用することで高い効果が発揮できる!と言っても、直接的な虫歯予防ではなく「歯を強くすること」が目的なので、それ以外の方法で虫歯予防をすることができます。

 

実際、ブリアン歯磨き粉にもフッ素は使用されていません。

しかし、口コミを見ていると虫歯予防がきちんとできていて、虫歯ゼロを継続したり、虫歯に悩まされることがなくなったと喜んでいるママたちも多いですよね。

 

フッ素だって効果は100%ではありません。

 

歯医者に塗布に行っても、子供が嫌がってしまったら無理にしない歯医者が多いです。

そう考えれば、毎日きちんと嫌がらずに歯磨きをするようになってくれれば、嫌がってしっかり歯磨きができないよりも高い虫歯予防効果が期待できると言うことです。

 

うがいができない年齢はオススメできないってどうよ

フッ素とうがい

 

量的に体に害がないとはいえ、うがいができる年齢になってからとかいわれると不安になりますよね?

 

「ゆすぐことが出来なければ危険なの?」

 

そう思っても当然です。

 

またゆすぐことができたとしても、大人用歯磨き粉はフッ素濃度が高いためNGとかいう情報もあり、子供にとってフッ素は危険なものなの?という気持ちになってしまいます。

 

しかも、ゆすげと言うクセにフッ素の効果をアップさせるためにはしっかりぶくぶくして吐き出すのは1回だけ。

 

飲みこんじゃダメ、ゆすげなくちゃダメ。
なのに簡単な1回のうがいだけって本当に大丈夫なの?

 

そんな矛盾のような話で、歯医者に聞いても塗布を勧められてはワケがわかりませんよね。

 

インターネットで検索しても賛否両論。

中国では殺虫剤や防腐剤に使われていると言う話もあれば、大気汚染物質という話もあるし、ラウリル硫酸ナリウムよりも危険だと言う話も。

 

また歯が強くなるのは嘘!という研究結果もあるので、最終的には親が判断しなくてはいけないのです。

 

まとめ

 

子供にとってフッ素が良いか悪いかは、はっきりしたことが言えません。

なぜなら、多くの情報がたくさんありすぎて、世界的にも賛否両論だからです。

 

ただ、言えるのは
『危険だと言っている人がたくさんいるということ』

 

神経質に考えすぎと言われればそれまでかもしれませんが、子供はフッ素配合の歯磨き粉をこれからもずっと使い続けていくわけです。

 

もしも不安であれば、フッ素塗布を勧めない歯医者もありますし、親子ともにフッ素不使用の歯磨き粉を使うという選択をした方が安心ですよね。

 

ブリアン歯磨き粉は、フッ素やラウリル硫酸ナリウム、殺菌剤など多くの心配される成分が使用されていません。

歯が生え始めた赤ちゃんから使えるので、早めに歯磨きの習慣ができるのでオススメです。

 

→ブリアンを実際に使ってみた体験談はこちら