ブリス菌ではみがきをするうえで「BLIS」について説明をしましたが、安全性や効果について疑問がいろいろありますよね。

 

「BLIS」についてお伝えしましたが、その中の「疑問」を解決します!

 

今回は上記サイトで気になった2つ。
・フリーズドライで生きたまま届けることができるのか
・ブリアン歯磨き粉でもプロバイオティクスは期待できるのか

 

そして、ブリス菌の歯磨き粉についてもしっかりお話ししていきます。


60日間返金保証付き!今だけ49%のキャンペーン中です。

→世界初!虫歯予防成分「BLIS M18」を使用したブリアンの公式サイトはこちらから

ブリス菌入りの歯磨き粉を使うとどうなるの?

ブリアン粉末

日本ではあまりなじみのない「ブリス菌」

世界的には特許を取得して、むし歯予防に役立っているのですがブリアンは世界初の歯磨き粉です。

 

タブレットやガム、サプリメントなどの商品はあるのですが、デリケートな菌なのでペースト状にするのが難しくてできないという理由もあり、ブリアンは粉状なのです。

 

そして、このブリス菌は善玉菌なので、口の中に入れると単純に口の中の善玉菌が増えます。これは、歯磨き粉に限らずタブレットやガムも同じですよね。

 

歯磨き粉のメリットとして、タブレットやガムは食後や睡眠前など「習慣」にしている人は良いですが、そうでない場合は食べない時もあるけど、歯磨きは毎日の習慣なので歯磨き粉なら欠かすことはありません。

 

また、それだけでなくタブレットやガムを食べても歯磨きは必要になりますが、歯磨き粉なら他に併用しなくても良いし、せっかくのブリス菌の効果が歯磨き粉の殺菌剤やその他の成分で失われることもないのです。

 

ブリス菌入りの歯磨き粉を使うと毎日善玉菌を取り入れることができるので、口内環境を改善するだけでなく、良い状態を保つことができます。

 

check

この時に気をつけたいのが、善玉菌でも毎日ヨーグルトや乳酸菌では口内環境は改善されません。

 

もちろん、虫歯菌や口の中に効果があれば別ですが、何でもいいわけではないのできちんと選びましょう。

 

ブリス菌の効果は、細かい粉が歯と歯の間や奥歯までしっかり行き届いて歯垢や汚れを取り除きます。歯垢は虫歯菌のエサや住み家になるので、なくすことで虫歯菌の増殖を抑えて虫歯が予防できるし、善玉菌を口の中に増やすと悪玉菌の働きを抑えることができるので、虫歯菌が口の中にいても虫歯になりにくくなるのです。

 

虫歯菌に感染させないように必死になっている人もいますが、感染させないというのはほぼ無理な話!

 

感染予防も大切ですが、感染した後にいかに虫歯にならないようにするかはもっと重要で、きちんとすれば虫歯菌が口の中にいれば虫歯になることはありません。

 

今ある一般的な虫歯予防のフッ素では、善玉菌を増やすと言う効果はないし、歯磨き粉やマウスウォッシュの殺菌剤では悪玉菌どころか善玉菌も殺菌してしまいます。だから、直接的に悪玉菌や虫歯菌に働きかけることを考えれば、ブリス菌入りの歯磨き粉で善玉菌を増やす方法が有効的なのです。

 

歯磨きは虫歯予防の基本!

 

それにBLIS M18をプラスするだけで、細菌バランスを安定させて悪玉菌が悪さをすることを抑えられるなんて、手軽で習慣にしやすい方法ですよね。

 

ブリアンの販売店はこちら

 

 

子供と大人のどちらにも効果がある?ない?

ブリアンの効果

気になるのはブリス菌は子どもも大人も効果があるのか、ということ。

 

結論から言ってしまえば「BLIS M18」の効果は大人でも子どもでもあります!

 

 

ただ、ここで気を付けてほしいのが『どんな効果を求めているか・重要視したいか』ということ。

 

 

口内環境を良くすれば、悪玉菌が悪さをするのを抑えることができるので、むし歯や口臭などの口内トラブルは解消できるのですが、ブリス菌にはBLIS M18とK12があり、それぞれに効果の違いがあります。

 

「BLIS M18」で一番注目したい効果が虫歯予防。

 

そのため、虫歯菌対策の効果を期待するなら子供でも大人でも「BLIS M18」はオススメなのですが、これが歯周病や口臭をメインにしたいとなると、口内環境を改善すればケアはできますが「BLIS K12」の方がいいです。

 

実際に販売されているタブレットの中には両方配合されているものもありますし、大人用ブリアンにもK12は配合されています。

 

 

もしも、子どもに虫歯菌をできるだけ感染させたくない!ということを重視したいなら、ブリス菌は効果的です。赤ちゃんでも安心して使うことができるので、妊娠中や妊活中から使うことで口内環境を改善して、良い環境を保ったまま育児をすることができます。

 

check

また、子どもが3歳すぎるまで一緒に使うことで「感染の窓」時期もケアしていくことができるので、できることならブリス菌を家族で使うことをオススメします。

 

ブリアンはイチゴ味なので、ミント味が苦手な大人にも人気で、「ミントが苦手なので親子で使っている」と言う人もいます。お子さんのための虫歯予防にもなるし、口の中に残る味ではないので使いやすいです。

 

最近になって大人用が販売されてブリアンは大人用・子供用がありますが、子供用でもしっかり大人にも効果があるので、親子で使っても無駄にはなりません!

 

BLIS M18の効果さえあればいいというのであれば、大人用でなくても子供用ブリアンを一緒に使っても全然問題ないので、大人だから子供用は使えないと考える必要はないですが、これはブリアンについての話です。

 

他のブリス菌配合商品は子供が使用できないものや妊娠中・授乳中はNGのものもあるので、対象年齢や注意事項を必ず読んでくださいね。

 

でも、ブリス菌って安全なんじゃないの?と思うかもしれませんが、それぞれ商品の配合成分が違うのでブリス菌以外の成分が子どもには向かない、もしくは子供用に作られていることがあります。

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

薬やサプリメントは子供用・大人用があるので、必ず確認をすることと、海外製のものは量を考えて使用するようにしましょう。

[/wc_box]

 

 

ブリス菌入りの歯磨き粉に危険はないの?副作用が心配。

ブリス菌入りの歯磨き粉はブリアンが世界初!ということで、安全性や副作用を心配する人がいますが、ブリス菌はもともと虫歯になりにくい人の口の中にいる菌なので心配はありません。

 

もとからブリス菌がいるなんてすごくうらやましい話ですが、世界でたった2%しかいないということで「奇跡」に等しいかもしれませんね。

 

『うちの子、歯医者も全然虫歯にならないし、歯医者にも行ったことないからひょっとして…』って思う人もいるかもしれませんが、ブリス菌のいない98%でも虫歯対策がきちんとできている可能性もあります。

 

ただ、この場合は生活環境やストレスなどによって虫歯になる可能性もあるので、安易に考えずにブリス菌入りの歯磨き粉で徹底予防を心がけましょう。

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

ブリス菌のメリットとして『虫歯になったことがある人』『虫歯菌に感染した後』でも年齢関係なく、使い始めたときからむし歯予防ができます。

[/wc_box]

一番良いのは

・歯が生え始めた時から細菌バランスが落ち着くくらいまで
・歯の生え変わり時期

 

この期間は虫歯になりやすいので、ブリス菌を取り入れることで口内環境が良い状態を保てます。

 

でも、世の中には「安全です」というものでも危険がいっぱいあるので、親がしっかり見極めないといけません。

 

市販の子供用歯磨き粉でも勝手に子供用だから安全と思い込んでるけど、最近は成分が危険と言われるようになり、使って後悔している人もいれば、躊躇して歯磨き粉を使わず歯磨きをしている人もいますよね。

 

だから余計に不安に思う人もいるかもしれませんが、ブリス菌入りの歯磨き粉「ブリアン」は歯医者さんや現役ママが開発に携わっています。

 

ここ最近知られるようになってきたフッ素や市販の子供用歯磨き粉の危険性、虫歯菌が感染病ということから安全性の高い虫歯予防効果のある歯磨き粉を開発することになりました。

 

そして、そこで注目されたのが副作用のない善玉菌「BLIS M18」なのです。

 

ブリス菌はニュージーランドで発見されて特許を取得していますが、ブリアンは海外で製造しているわけではなく、日本の医薬品製造工場基準の工場で製造している『日本製』です。

ブリアン日本製

 

 

原料もシンプルなのですが、厳選したものを使用しているので副作用や危険性を心配するなら、歯が始めるくらいの赤ちゃんや妊娠中のママたちも安心して使うことができます。

 

もし、どうしても心配!というときは、電話やメールで相談してみるとしっかり回答してもらえますよ。

 

→BLIS M18以外に虫歯予防成分はないの?

 

ブリス菌 歯磨き粉のブリアンを使った口コミのまとめ

ブリス菌の歯磨き粉「ブリアン」の口コミを探してみると、良くない評価がほとんどありません。

 

また、良くないと言っても効果がないとか虫歯になったとかではなく、
・値段が高い
・使いにくい
・皿に入れるのが面倒

 

など、使い方や価格に対する不満で、だから使わないと言うわけでなく「不満はあるけど継続している」という人が多いです。

 

長い人は個別包装になる前から数年使っているリピーターもいます。

 

そんなブリアンを使った口コミですが、これまでの歯磨き粉や虫歯予防との違いを感じている人もたくさんいます。

 

その中でも同じ悩みを持っているママたちが多い3つの悩みを解消した口コミをいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

これまでの歯磨き粉と違いを実感!

『歯磨きをしっかりするようになった』
これまでの歯磨き粉は泡が邪魔していたのか、ブリアンに変えてから歯磨きをする時間が長くなりました。
子供も気に入っているので、自然に歯磨きを丁寧にしてくれています。

 

『子供も好きな味のようです』
今までの歯磨き粉はスースーしたカンジがどうも苦手だったようです。
今は自分からつけて歯磨きをしてくれています。

 

歯磨きを嫌がらなくなった

『ムリヤリしなくても良くなった』
虫歯にしたくなくて、いつも大泣きされても押さえつけて必死に歯磨きしていました。
そんな歯磨き嫌いが嘘のように治り、ブリアンで喜んで歯磨きをしてくれています。

 

『親子でストレスから解放された』
歯磨き嫌いで暴れる子供に無理やり歯磨きをすることが親子ともにストレスで辛かったです。
イライラしないなんてムリ!と思ってたけど、ブリアンを使い始めたら嫌がらず、泣かなくなりました。

 

虫歯にならなくなった

『虫歯が増えなくなった』
下の子が早くから虫歯になってしまいブリアンを使い始めましたが、むし歯は増えていません。
自分から歯磨きをしてくれるし、飴やガムのかわりにブリアンを舐めさせています。

 

『虫歯になりやすいのが改善できた』
1歳半検診から定期健診で虫歯が見つかり落ち込んでいました。
歯磨き粉をフッ素からブリアンに変えたら、きちんと磨けるようになって虫歯ゼロ更新中です。

 

[wc_divider style=”dashed” line=”single” margin_top=”” margin_bottom=””]

 

ブリス菌の虫歯予防効果は目で見えるものではありませんが、

・これまでの歯磨き粉との違いがわかる
・歯磨きを嫌がらない
・虫歯にならない

 

この3つがわかると、その効果も目で見てわかるのではないでしょうか。

 

これまでの歯磨き粉では苦しかったり、泡が邪魔してきちんと磨けなかったけど、ブリアンに変えることでそれらの問題がなくなってきちんと磨けるようになるだけでなく、歯磨きを嫌がらなくなる。

 

そして、その結果がブリス菌と正しい歯磨き=虫歯予防にも繋がっていると言えますね。

 

→ブリアンの真実の口コミをもっと見たい方はこちら。

 

フリーズドライで生きたまま届けることができるのか

ブリアンとフリーズドライ

 

BLIS M18は唾液連鎖球菌のフリーズドライ粉末です。

虫歯にならない子供の唾液から培養してフリーズドライ化しているのですが、それでも菌が生きているというのは不思議な気がしませんか?

 

BLIS M18に限らず、乳酸菌は水や酸、熱に弱い性質があります。

しかし、寒さには強くて冷凍でも生きられるため、乳酸菌飲料は冷蔵だし「乳酸菌アイス」も話題になっています。

 

実はフリーズドライ製法というのは、マイナス30度で急速凍結したあとに真空状態にして乾燥させる方法で、死んでしまうのではなく「休眠」しているのです。

 

このフリーズドライで有名なのが「納豆」があり、サプリメントなどに活用されています。

 

なので、生きたまま届けることができるの?なんて心配することはありません!

 

もともとフリーズドライ粉末なので、菌を死滅させない一番良いブリアンに配合する形が「粉末」で、口の中で生き返って活発に働いてくれるのです。

 

ただし、ちょっと気を付けてほしいのは、虫歯菌・歯周病・歯垢に効果があるのはBLIS M18です。

例えば、甘い乳酸菌飲料を寝る前に飲んでしまうと虫歯になるように、乳酸菌によっては働くところや効果に違いがあります。

 

 

そのため、生きたまま届く=フリーズドライがいいと絶対にいいと言うわけではなく、目的に合わせて食事に摂りいれたり、それぞれに合った方法を選ぶことが大切です。

 

虫歯ケアをするのには虫歯菌除去効果のある『ブリス菌ではみがきをすることが効果的』なので、ここは勘違いをしないでくださいね。

 

→実際にブリス菌ではみがきをしてみた結果・・・

 

ブリアン歯磨き粉でもプロバイオティクスは期待できるのか

 

ブリス菌とプロバイオティクス

 

ギリシャ語で「健康のために」を意味するプロバイオティクスは人間にとって良い働きをしてくれる細菌(善玉菌)のことで、乳酸菌もそのひとつ。

 

腸内環境を良くすることは健康にとても大切なのですが、口内環境でも同じことがいえるので、口内改善にも取り入れられるようになりました。

 

ここで注意してほしいのは口腔内の菌のバランスを良くすることで虫歯になりにくい環境を作ることができるのですが、これが「殺菌剤」の使用されている歯磨き粉ではできないのです。

 

その理由は「殺菌」というのはどんな菌でも殺してしまうから。

悪玉菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまい、菌が復活する時に悪玉菌の方が増えてしまって悪玉菌が優勢になってしまうと、口内環境はますます悪くなります。

 

また菌を殺す抗生物質を「アンチバイオティクス」と言いますが、継続すると耐性菌ができてしまうデメリットもあるのです。

 

つまり、ただ菌を殺すだけでは何の解決にもならないということ!

歯磨きをしていて、虫歯が増える可能性があるなんて・・・残念な話ですよね。

 

アンチバイオティクスとは違い、プロバイオティクスは良い菌を増やして善玉菌を優勢にしてバランスを良くするのです。

 

ブリアン歯磨き粉の「BLIS M18」の働きはまさにコレ。

 

虫歯菌や歯垢を除去する働きがありますが、虫歯菌をゼロにするというよりも乳酸菌のチカラで口腔内の善玉菌を優勢にして、口内環境を良くすることで虫歯予防をするのです。

 

通常の歯磨き粉には殺菌剤が使用されているものが多いので、菌をすべて殺してしまっていたのですが、ブリアン歯磨き粉はそういうことがありません。

 

ブリス菌ではみがきを習慣にすることで、いつも善玉菌優勢の口内環境を保つことができるから、子供が虫歯にならないし、口臭も予防できるのです。

 

→ブリス菌でのはみがき!ブリアンの口コミはこちら

 

ブリス菌入りの歯磨き粉のブリアンが最安値で買える公式サイト

ブリス菌入りの歯磨き粉のブリアンを最安値で購入しようと思ったら、迷わず公式サイトをオススメします!

 

>>初回限定!現在ココが一番最安値です!!<<

 

今のところ、ブリアンは公式サイト以外での販売はありません。

メルカリやヤフオクなどの一部オークションサイトでの出品はあるようですが、割高なのでオススメできないです。

 

特に個別包装とはいっても、箱のフィルムを外して開封済みのものはいつ開封したか、保管状況もわからないし、お子さんのことを考えて効果を試したいなら、きちんと継続使用して確かめてくださいね。

 

check

通常7,800円+税ですが、虫歯予防コースなら「3,919円+税」で60日間返金保証付です。

 

ブリアン購入

 

虫歯予防コースは自動配送プラン(定期購入)で申込条件として最低2回以上の継続になるのですが、
(初回)3,919円+(2回め)4,980円+税

 

通常購入1回分と虫歯予防コースの2回と考えると、通常購入は送料も無料にはならないので、確実に定期コースの方がオトクです。

 

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

最低2回だと子供が使ってくれなかった場合、60日間返金保証もアリですが、親子で虫歯予防をするなら親が使ってしまっても良いと思います。

[/wc_box]

また、虫歯菌感染源になっているのに虫歯菌を意識してくれない祖父母に使ってもらうというのもアリですよね。注意しても聞いてくれない場合は何度言っても無理なので、それなら口内環境を改善してもらう方が文句を言わなくてもいいので楽です(笑)

 

ブリアンは「家族割」もあるので、もし親子だけでなく祖父母もみんなで使いたい!という時には、さらに500円割引になります。

 

 

むし歯予防は一生だけど、子供にとって一番重要な時期はほんの数年です。

 

この時期に徹底した「正しい虫歯予防」を習慣にしておくことで、将来的にかかる虫歯への悩みや治療費だって大きく変わってきます。海外では虫歯治療は銀歯ではなくセラミック、むし歯のある人は太っている人と同じで自己管理ができないとまで言われるように、日本でも「歯」は見られるポイントのひとつになります。

 

将来的にかかる費用と比較しても、ブリアンの方が断然お得!なのですが、やっぱり月々少しでも出費を抑えたいという人は、最安値で買える公式サイトを利用してくださいね。

 

3回目以降は休止・再開が自由なので、お得な値段で購入し続けることも可能です。

 

ブリス菌の効果に対して半信半疑と言う人も、まずは公式サイトで2ヶ月以上継続して使ってみてくださいね。
>>49%OFFキャンペーン実施中!ブリアンの公式サイトへ

 

まとめ

これだけの効果がわかっていると、口コミの評価だけでなく、成分や効果に対して安心して購入することができます。

 

虫歯が多く、銀歯だらけで笑う時に見えてしまうことが気になっていて、子供には・・・と思う気持ちがあるなら、虫歯予防は早めに始めることが大切です。

 

ただ、このときに気をつけたいのが子どもだけの虫歯予防ではダメということ!

 

虫歯菌は感染するので、虫歯になりやすいのなら感染源の親も一緒にブリアンを使って口内環境を改善していくことで子供の虫歯リスクを軽減することができるのです。

 

今はペットにもプロバイオティクスが注目されています。

 

歯医者にかかるお金や子どもや親の苦痛を考えれば、ブリス菌配合のブリアンではみがきをする方が断然お得です!

 

主婦&母にとっては価格も大切!だからこそ、まずはお試しから始めてみましょう。

ブリアン新聞(新聞でも紹介されてます)

 

→ブリアン歯磨き粉の最安値ならここ!|ブリアン歯磨き粉最安値KID TOPへ