「赤ちゃんだって虫歯になる」

そう言われたら不安になりますが、歯の生えていない時は虫歯菌は唾液で流されてしまいます。

では、赤ちゃんの歯のケアはいつから?ということになりますが、歯が生えるのには個人差があるので『歯が生えてきたら』始めましょう。

 

ただ、この歯磨き。

小さなうちからでも嫌がって抵抗してしまうことがあります。

 

嫌がって動くと、口の中を怪我させてしまわないか心配になりますが、赤ちゃんの歯のケアで大切な「歯磨き」「歯磨き粉」の2つのポイントを守って、安全歯磨きを心がけましょう。

赤ちゃんの歯磨きとNG行為

今はいろいろな歯磨きグッズがあるので、最初から歯ブラシを使わなくても、グッズや指にガーゼを巻くなど、口の中に入れられて慣れていく方法もあります。

 
『歯磨き=怖いもの』

 

こんな気持ちになってしまうと恐怖感でいっぱいになってしまい、思うような歯磨きが出来なくなってしまいます。

 

虫歯にしたくない気持ちから、必死に歯を磨いてしまうのは逆効果になるので、まずは楽しい・怖くないということを理解することが大切です。

 

そのためにも、歯の数が少ない前歯2本くらいから始めるのが良いでしょう。

 

口に入れて楽しく歯磨きが出来れば、成長してもそれを継続することができます。歯ブラシを口の中に入れることからはじめて、優しく磨いてあげるようにして、嫌がるようであれば、無理にしないことが大切!

 

無理にしてしまうと、歯磨き嫌いになってしまい、ムリヤリ仕上げ磨きをしても丁寧にできないので、虫歯になる可能性が高くなってしまいます。泣いても虫歯になるよりはマシ!と思うかもしれませんが、それならば虫歯菌をうつさないように最大限の努力をしてください。

 

歯磨きを嫌がる子と嫌がらない子は性格もあるかもしれませんが、それ以上に親の向き合い方や始めた時の月齢なども関係してくる可能性もあります。

怖い顔してイライラ、怒鳴られたら誰でもイヤなものです。

歯磨き粉は必要なのか

嫌がる歯磨きの強い味方として、歯磨き粉がありますよね。

 

でも、この歯磨き粉・・・ゆすぐことや吐き出すことができないうちは、飲みこんでしまうので使うのに抵抗があることがあります。そう言う時には飲みこんでもOK、ゆすがなくてもOKな歯磨き粉を選ぶことで美味しく楽しく歯磨きをすることができます。

 

ブリアンの使い方

 

ブリアンはゆすぐ必要がないので、歯が生え始めの時から使うことができて、フッ素や発泡剤、研磨剤をはじめ、歯磨き粉に含まれる多くの成分が不使用なので、ある程度大きくなっても飲みこんでしまう子にも安心です。

 

check

子供用の歯磨き粉でも使い方をみると「ゆすぐ」と書いてあるものも多いですが、1歳未満の子はゆすぐのが難しいので、ゆすがなくて良いものを選んでください。

まとめ

虫歯が心配だから早めに赤ちゃんの歯のケアをしたいのであれば、まずは下の歯が2本生えたタイミングから始めましょう。

 

NG行為は、無理やり歯磨きをして怖がらせないコト!

 

安心出来る歯磨き粉や楽しくできる歯磨きグッズを使って、まずは口に入れることになれるようにしてください。

 

焦らなくても、早めに始めれば最初のうちは唾液で虫歯菌を流してくれるので歌に合わせてや楽しくできる工夫をしてくださいね。

⇒ブリアンの体験談はこちらから