赤ちゃんの乳歯は個人差がありますが、生後6ヶ月くらいから生えてきます。

早い子は生後3ヶ月くらいから生えてくる子もいれば、1歳くらいになっても生えなくて心配になることもありますが、赤ちゃんの乳歯というのはお腹にいるときから作られているのです。

 

しかも、乳歯だけでなく永久歯も!

そのため、赤ちゃんの歯を丈夫にしようと思うのなら、妊娠中から食事に気を付けなくてはいけないのです。

 

では、赤ちゃんの歯はどんな風に作られるのでしょうか。

 

赤ちゃんの歯ができるまで

 

赤ちゃんの歯は妊娠2ヶ月(7週目)くらいから「乳歯の芽(歯胚)」が作られます。

この芽が妊娠4~5ヶ月くらいには石灰化がはじまり、永久歯の芽もできます。

そして、生まれる頃には乳歯がいつでも生える準備ができて、永久歯の石灰化も始まるのです。

 

「生まれた時に歯が生えていて驚いた!」なんて話がありますが、これは赤ちゃんの乳歯が妊娠中に作られていると考えれば納得ですよね。

 

ただ、生まれつき歯が生えている場合には舌を傷つけたりトラブルが起きることもあるので、何か問題がある時には早めに歯医者さんに相談しましょう。

 

また気を付けて欲しいのが、1歳3ヶ月くらいになっても歯が生えてこない場合。

お腹の中で乳歯の芽ができていなかったり、歯が生えてこれない状態になっているかもしれないので、この場合も歯医者さんに相談してレントゲンを撮ってもらうと良いでしょう。

 

先天性欠如の場合、歯の形成異常なので歯が生え揃わないので、噛み合わせが悪くなったりすることがあります。

 

最近は小顔な子が増えていますが、欠如で歯の本数が少ない子もいるため、乳歯を残して永久歯のかわりにするなどの方法もあります。

 

早めに気づけばそう言った対処もできるので、歯医者にきちんと相談するようにしてください。

 

赤ちゃんの歯にできることは妊娠中だけじゃない

赤ちゃんの乳歯

 

赤ちゃんの乳歯は妊娠中に作られると言いましたが、産後は関係ないの?というとそういうわけではありません。

母乳の場合は、ママの食べる物が赤ちゃんにも関わってきます。

 

乳歯は出来上がっているとしても、それを虫歯にするかどうかは歯が生えてきてからの話ですし、永久歯は出産後の子供の栄養によって変わってくるのです。

 

そのため、まずはバランスよく栄養をとることが一番!

 

そして、美味しい母乳を出すためにも糖分を摂りすぎないようにしたり、カルシウムやタンパク質、ビタミンA・C・Dなど、歯に良い栄養を摂りましょう。

 

また、赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいないので、虫歯菌を周りのみんながうつさないようにすることと、歯が生え始めたらブリアン歯磨きなどの虫歯菌除去ができるもので徹底的な虫歯予防を心がけてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんの乳歯は妊娠初期の段階で作られていると言うことで、妊娠の早い段階から食事を意識することが大切です。

 

ただ、この時期はつわりがあったり、食べものの好みが変わったりと思ったような食事が摂れないことがあるので、歯に影響があるのでは?と心配される方もいますが、虫歯菌を感染させないためにも妊娠中に歯の治療を済ませておくことも忘れないでください。

 

また、妊娠中に気遣えなかったから・・・と落ち込むのではなく、虫歯にならないように虫歯予防を習慣化しましょう。
・これから妊娠予定の方は、赤ちゃんの丈夫な歯作りを心がけること!
・赤ちゃんが生まれたら、親や兄弟、祖父母と周りにいる人たちみんなで協力すること!

この2つを守るようにしてくださいね。

 

⇒赤ちゃんの歯が生えてくるときは歯ぐきも注意!