赤ちゃんは虫歯になると治療が大変です。

でも、赤ちゃんの歯は唾液に守られているのでは?と思う人もいるかもしれませんが、歯が生えてこれば当然虫歯菌にも感染するし、虫歯にもなります。

 

予防として1歳半くらいから定期検診に通うことで、歯医者への恐怖感を減らすことはできます。

 

しかし、そのくらいの年齢であっても歯医者で怖がってしまえば、虫歯の症状や検診の内容によっては『無理をしないで理解できる年齢になるまでもう少し待つ』ことだってあるのです。

 

乳歯の虫歯は進行が早いので、いかに早く気付くかが大切!

 

とはいえ、初期虫歯はわかりにくいので気づいた頃にはかなり進行していることが多く、定期健診に行かない小さな子たちは気付くとかなり進行していることがあります。

そう言う場合は、赤ちゃんでも虫歯治療をするのでしょうか。

 

今回は「1歳未満(1歳半まで)」の虫歯についてお話しします。

 

赤ちゃんでも虫歯治療をするのか?

 

赤ちゃんでも虫歯治療をするのか。

 

答えは「YES」です。

 

歯が生えてくる月齢から歯医者に定期健診に行くくらいの1歳半までのお子さんであっても、虫歯にはなるし、当然症状によっては治療をしなくてはいけません。

 

初期であれば、虫歯の進行止めを塗って様子をみるだけで良いかもしれませんが、状態によっては麻酔をして削ったり抜いたりする必要があります。

 

治療によって元の歯の形に戻せるのであれば良いですが、最悪永久歯を守るために抜歯することさえもあるのです。

乳歯を抜歯してしまうと、歯ならびや発音など歯以外のところでデメリットはありますが、ある程度の年齢にならないと入れ歯をつくることができません。

 

そのため、数年は歯がない状態で過ごさなければいけないのです。

 

→乳歯には成長に重要な役割がある!?

 

赤ちゃんの虫歯治療、どんな歯医者がいい?

赤ちゃんの歯医者

 

子供の歯医者の選び方については(こちら)がポイントになりますが、1歳未満となればたくさんある小児歯科の中でも「赤ちゃんの治療経験が多い」ところを選ばなくてはいけません。

 

1歳半すぎのお子さんに比べると、もっと小さなお子さんはそれ以上に大変になります。

 

そのため、やはり一番は「技術」

 

もちろん、どの年齢でも一番は技術ですが、それだけでなく小さな子にあった器具が必要になりますよね。

 

「あまりに小さいから、もう少し様子を見ましょう」では、乳歯の虫歯は悪化して永久歯に影響があることもあるので、正しい判断と治療ができる歯医者を選ばなくてはいけないのです。

 

そのため、少し遠くても大きな病院に入っている小児歯科をオススメします。

 

まとめ

1歳未満の赤ちゃんの虫歯治療は大変なので、早い段階からの予防がやはり大切です。

長時間哺乳瓶で与え続けたり、寝ながら授乳する以外にも母乳の場合は母親の食べるものによって母乳が質が変わってくるので虫歯にならないように食事も気を付けてあげましょう。

 

また、やはり赤ちゃんが虫歯になって治療が必要になるまで放置しないためにも、毎日口の中は見ましょう。

誰にでも口を触られたり、抵抗なく開けることができれば歯医者でも苦労することはありません。

 

小さな赤ちゃんの虫歯治療は困難なので、それなりの技術も必要となります。

 

万が一、虫歯になってしまった場合は早めに技術と設備がしっかりした歯科へ連れて行くようにしてください。

 

→歯磨き嫌いが始めた虫歯予防体験談はこちら